TOP 投稿 過去ログ 管理用 RSS RDF

Googleアナリティクスのデータ保持と一般データ保護規制(GDPR)に関する重要なアップデート

URL:http://bit.ly/2IMHYvQ
Googleアナリティクスにデータ保持という設定が増えました。選択した保存期間より古いデータが自動的に消えるようになるそうです。これは一般データ保護規制(GDPR)が2018年5月25日に発効されるため、それに向けた更新だそうです。契約内容とポリシーも合わせて更新されます。

データ保持を確認・変更するには、Googleアナリティクスの管理を開いて、プロパティ→トラッキング情報→データ保持をクリック。
デフォルトの保持期間は「26ヶ月」でした。設定を変えると24時間後に有効になるそうで、とりあえず2018年5月25日からこの設定が有効になるそうです。

データの保持 | データのプライバシーとセキュリティ - アナリティクス ヘルプ
今日、ユーザーとイベントのデータがサーバー上で保持される期間を管理するための詳細なデータ保持コントロールを導入しました。
2018年5月25日から、これらの設定に従ってユーザーとイベントのデータが保持されます。
Googleアナリティクスでは、選択した保存期間より古いユーザーとイベントのデータが自動的に削除されます。
これらの設定は、集計データに基づくレポートには影響しません。
自動的にデータが削除されるまでの保持期間を次のように選択できます。
  • 14 か月
  • 26 か月
  • 38 か月
  • 50 か月
  • 自動的に期限切れにならない
データの保持期間が終了すると、月単位で自動的に削除されます。

Developers site - Googleアナリティクス

■Contract And User Consent Related Updates
契約書とユーザー同意書の更新 - 2018年5月25日

■Updated EU User Consent Policy
EUユーザー同意ポリシーの更新

Getting ready for Europe’s new data protection rules
General Data Protection Regulation (GDPR) って何?
1995年のEUデータ保護指令の代わりに、欧州の新しい一般データ保護規制(GDPR)が2018年5月25日に発効される。

EU一般データ保護規則 - Wikipedia

EUの新データ保護規則「GDPR」の発効でウェブサイト所有者が採るべき大きな変更とは?
GDPRの基本原則
  1. 個人データの収集・保持は、すべてユーザーの「同意」に基づく必要がある。
  2. 提供される特定サービスに関連した、必要かつ適切な情報だけ収集できる。
  3. 収集・保持するデータへの透明性を持つ。
  4. ユーザーには「忘れられる権利(データを削除させる権利)」がある。
  5. IPアドレスも個人情報とみなす。

Google Analytics から「EU一般データ保護規則(GDPR)」への対応を施した旨のメールが来た朝 - Togetter まとめ

コメント

Name: Mail: Pickup:
MSG: